実践! 山のススメ 〜唐松岳&五竜岳〜 その

  • 2017.08.26 Saturday
  • 06:00

さて〜夏の北アルプス山行 2日目です! この山関連の投稿はいつまで続くのか?(苦笑)

 

今日のスケジュールは・・・

‥眈廠抻劃困砲董御来光を拝む。

難所と言われる岩尾根 “牛首” を歩き、宿泊地 『五竜山荘』 へ。

2拱を軽くして、“五竜岳” 山頂アタックへ。

い泙燭泙浸馨屋での贅沢な時間を、美味しいお酒で・・・。  となっております!(笑)

 

朝4:00 もうすでに山小屋の中では、早出の皆さんが、ゴソゴソ動き始めております。

私達も、唐松岳山頂で御来光を拝むために、装備をして歩き始めます!

 

 

小屋からは、20分程度で山頂まで登れます。 ヘッドライトの灯りで、顔が判らないよ〜?!

 

 

日の出時刻 10分前位ですが、だいぶ明るくなってきました・・・。

右下には、小屋の灯りも見えますね!

 

 

そろそろかな〜?!  二人もシャッターチャンスを待ちます・・・。

 

 

おっ! 来たかな〜!?

 

 

う〜ん・・・残念ながら、雲に阻まれて、この程度の御来光でした。(悔)

 

 

唐松岳山頂から見る五竜岳の姿は、まさにドッシリとしたゴツゴツの岩山でした!

 

 

小屋に戻り、6:00からの朝食をいただきます! 昨夜の夕食も、この朝食も、本当に有り難いです!

 

 

・・・と朝食を食べている、その間に、外の景色が一変していました。

一面真っ白いガスで覆われて、風も強くなっていました。 時折 雨粒も落ちて来ます。

雨支度を整えて、荷物を纏めて出発準備完了です。

小屋を出発する際に、北アルプスの山岳パトロール隊の方々から、

隊員 「今日は、どちらへ向いますか?」

私達 「牛首から五竜へ!」

隊員 「かなり風が強くなっていますので、飛ばされない様にくれぐれも気をつけて!」

私達 「はい!(生唾をゴクリ)」

ちょっと緊張を強いられました・・・。 それでも気持ちを奮い立たせて出発します!

 

 

ガスに覆われた唐松岳頂上山荘にも、別れを告げます。

 

 

小屋の脇には、すぐにこんな案内板があります。

 

 

景色が見えてた方が怖いのか? 底無しに見える真っ白の方が怖いのか? 私は後者だな・・・。

40分間に亘る、クサリ場・岩場の難所 “牛首” を通っていきます!

「焦らなくていいから、確実に一歩一歩進んでくださいね!」 私も、二人に声を掛けます!

 

 

救いなのは、まだ足元が滑るほど、岩が濡れてない事・・・。(冷汗) 慎重に行けば・・・。

 

 

天気が良い時に、ここを通ってみたかったな〜・・・!(悔)

 

 

しかし、こんな天気だと、ご褒美もあるんですよ!?  判りますか??  画像中央です・・・。

 

 

そうです! 道のすぐ脇に、天然記念物の雷鳥(ライチョウ)が、親子で姿を見せてくれました!

私自身、初めて見ました。 出て来てくれて、ありがとう〜!(礼)  ク〜ク〜!(鳴き声)

 

 

クサリ場が終わると、こんな尾根歩きもありますが・・・ガスが?!(苦笑)

 

 

唐松岳頂上山荘を出発して2時間半・・・今日の宿、五竜山荘に着きました!

 

 

しかし到着して、小屋の前に居たパトロール隊の方からの説明で、衝撃的な事態が・・・!?

 

 

隊員 「今日は、これからどんなご予定ですか?」

私達 「五竜岳山頂アタックして、今夜はこちらの小屋にお世話に・・・」

隊員 「実はこれから、かなり天候が悪化する予報が出ております。

    雨風が強くなり、明日は風速15メートル以上の予報で、小屋に停滞も・・・」

私達 「ということは、明日 山を下りられないかもしれない・・・ってこと?」

隊員 「あくまで予報ですが、そういう事態にも・・・。」

 

 

下界は、天気が良さそうなんですが、小屋から見上げる山頂方面は、こんな状況です。

 

 

せっかくココまで来たんだし、明日の予報も・・・? しかし山の上の強風は、とても危険です。

そして3人で暫く協議した結果、ここは “勇気ある撤退” の道を選択することにしました。

山は、いつでも私達を待ってくれている! また次の機会にでも、チャレンジしよう!(悔)

そう決めた私達は、小休憩をした後、ここの小屋のオリジナルTシャツを購入して・・・

 

 

山をあとすることに・・・。

 

 

下山も、気の抜けない場所を通りながら、4時間程の道程です。

少し下りた所から見上げる五竜岳は、やはり雲の中でした・・・。(泣)

 

 

このあと本格的に雨も降り始め、写真も撮る数が減り・・・意気消沈しながらも下りて来ました。

 

 

白馬五竜スキー場のゴンドラ山頂駅には、植物園もありますが、あまり興味なし・・・。(苦笑)

 

 

まあ残念な山行になりましたが、これも自然の力には、人は弱いモノですからね・・・!?

そんな決断をしたことで、ちょっと満足感もありました!

 

 

車を停めてあるエスカルプラザに下りて来ました。・・・予定より一日早いですけどね!?(苦笑)

 

 

ということで、夏の北アルプス2泊3日の山行は、1泊2日の短縮スケジュールで終了です!

・・・えーと、もう1日の夏季休暇、どうするの??  まずは風呂に入ろうぜ〜!?

でっ! これからどうする・・・??  その後のことは、また明日 投稿いたしますね〜!?

 

 

 

コメント
お見事!!

>“勇気ある撤退” の道を選択することにしました。
>山は、いつでも私達を待ってくれている! また次の機会にで>も、チャレンジしよう!(悔)

その通りだと思います。
山は逃げずに次まで待っていてくれますよ〜
山は十分すぎる程の安全策をもってちょうどいいくらいですね。
安全に楽しめてこその山歩きです。

小鹿野の二子山に登りました時に
「命とゴミは持ち帰り」の看板がありました。
私はそれに「楽しい思い出と笑顔も持ち帰り」を
加えようと思いました。
http://mkaifuu.blog.fc2.com/blog-entry-133.html

すみません。
上級者の方に初心者が調子にノッテしまいました。
m(_ _)m




  • 奥武蔵の山人(好日奥武蔵)
  • 2017/08/27 9:03 PM
奥武蔵の山人さま、コメントありがとうございます!
まさに無事に帰宅することが、登頂成功の証しですね!?
私達は、山のプロではありませんので、楽しむ事が大切ですから!
小鹿野の二子山・・・両神山の近くのあの凄い山ですね?!
私は、怖くて行きたいとは思いません・・・!(苦笑)
これからも、山を楽しもうと思います!
  • 遊ぶ米屋
  • 2017/08/27 9:17 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM