実践! 山のススメ 〜甲斐駒ケ岳〜

  • 2017.08.01 Tuesday
  • 19:09

6月 ぎっくり腰・・・。 7月 帯状疱疹・・・。

やっと本格的な山行に出掛けられる様になったので、昨日の定休日は、3000m級へ!

今回は、山の神様に “ご褒美&試練” を頂きました。 長くなりますが画像満載でどうぞ!

 

午前2:30 早朝? 深夜? 飯能を出発。

中央自動車道を爽快に飛ばして、4:30 着いたのは、山梨県芦安温泉の市営駐車場。

そこに車を置き、マイカー規制の中、乗合タクシーで1時間・・・着いたのは 『広河原』です。

 

DSC06235.JPG

 

この登山口からは、『北岳』 に入れます。 昨年登った北岳山頂も、朝日に輝いておりました!

 

DSC06236.JPG

 

そして今回のメンバーは、体育会系の山行メンバーお二人です!(苦笑)

パティシエ 鈴木さんと、救急救命士 辻くん。

 

DSC06240.JPG

 

今回目指す頂 『甲斐駒ケ岳』 の登山口へは、ここからまたバスに乗り換え 『北沢峠』 まで!

 

DSC06241.JPG

 

奥深い山が多い南アルプスは、登山口まで行くのも、一苦労なことなんです!(笑)

バスで25分・・・ここが 『北沢峠』 です。

 

DSC06242.JPG

 

山の神様からの “ご褒美” は、この天気! 奇跡的なこの好天です。(拍手)

登山口からすぐで、この森です。 南アルプスの天然水が生まれる深い森です!

 

 

樹林帯を抜けて、氷河時代の名残のガレ場。 ゴツゴツした岩の上を登っていきます。

 

 

後には、『仙丈ケ岳』 の優美な山容も見えて来ました! 南アルプスの女王と称されております。

 

 

バランスを取りながらガレ場を歩き終わると、『仙水峠』 に着きます。

 

 

いよいよここから、今日の目的地 『甲斐駒ケ岳』 の山頂を見られます。 左奥の白い山頂です!

 

 

がしかし、ここからの標高差600mの直登が、かなりシンドイ・・・。(大汗)

でも、この青空が勇気を与えてくれます!  「みんな頑張ろうぜ〜!」 

 

 

標高2500m辺りを過ぎると、森林限界を過ぎハイマツ帯に・・・右手には甲斐駒ケ岳!

辻くん、先を見据えて、なかなかカッコいい写真でしょ!?

 

 

そして登り切ると 『駒津峰』 に到着。 ここから見上げる南アルプスの貴公子はカッコいいです!

 

 

鈴木さんも、ちょっと満足な顔して休憩中です。(笑)

 

 

しかし、このあと山頂までは、まだまだ厳しい道が待っているんです!?  下りて登って!?

 

 

“六方石” という巨石の脇を通り過ぎ・・・「でっけ〜な〜!」(笑)

 

 

そしてこのあと山頂へは、私と鈴木さんは一般ルートへ! 辻くんは、直登(岩場)ルートへ!

一般ルートから直登ルートの辻くんを探すと・・・?

 

 

おっ! 居ました居ました! ちょっとズームアップして、判りますか? 画像中央です。

 

 

私達も花崗岩の砕けた、白い砂地状の一般ルートを行きますが、ここで山の神様が試練を・・・!?

 

 

病み上がりが効いたか、私の両脚 大腿筋が攣りはじめました!(痛)

足が前に上がらない! 標高も3000m近く、空気も薄い・・・。 

水分摂って、アミノ酸飲んで、梅干し食べて・・・それでも? 「これはダメかもしれない?」

帰りの最終バスの時間も考えながら、「俺はおいて、鈴木さんは山頂へ行って!」 と弱音が!(泣)

本当に、久しぶりに身体的にも精神的にも、辛い登山を味わいました。

なので、撮影どころではありませんでした。

 

しかし、かなりのタイムロスをしながら、何とか登頂成功です!

 

 

人も少なくなった山頂で、記念写真を・・・顔は笑ってるけど、心は心配事でいっぱいです。

「帰りのバスに間に合うかな・・・?」

 

 

とは言いながら、辻くんの担ぎ上げてくれたコチラで、「カンパーイ!!」(笑)

 

 

帰りの最終バス時刻を考えると、のんびりして居る暇がありません! 脚も痛いし・・・。

おにぎりを頬張り、すぐに下山開始です。(冷汗)

 

 

すると今度は、鈴木さんが足の異常を訴えはじめました。

「ヤバいな・・・」 とりあえず、私が素人応急処置を! あれ? 救急救命士がいたよな??(苦笑)

天気は最高ですが、気持ちは焦る焦る・・・。

しかし下山は一番注意しなくてはいけません! 「落ち着いて急いでいきましょう!」(??)

 

 

下山ルート上の 『双児山』 へ来て、何とか目途がついたかな〜!? 大丈夫でしょう!

ここで甲斐駒ケ岳の山容ともお別れです。 あと1時間位は、樹林帯の中の下山です。

 

 

「うわ〜! 着いた〜!」 北沢峠に到着して、本当に安堵の気持ちでいっぱいでした。

最終バスの出発 15分前に下山してきました・・・。(汗) 

これに乗れなかったら、翌朝まで近くの山小屋で泊まるようでした・・・。(苦笑)

 

 

甲斐駒ケ岳 標高2967m 南アルプスの貴公子・・・。 8時間の山行でした!

地図上では、「全然、大丈夫!」と判断しましたが、何が起こるか判らない登山・・・。

自分もあんなことになるとは?!・・・(驚)

本当に、山の神様に色々な事を試されたようでしたね!? 身体的にも精神的にも・・・。

良い経験をさせていただきました! 

 

でも、下りて来てしまえば、「楽しかったですね〜!」(笑) 「また行きたいですね〜!」

鈴木さん、辻くん・・・お疲れ様でした! 今度は、北アルプスの縦走ですね!?

鍛えておきます!(笑)

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM