実践! 雪山のススメ 〜志賀高原〜

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 11:49

3月の最終月曜日は、毎年恒例、もう何年続けてでしょうか・・・?(苦笑)

長野県志賀高原へのプチスキートリップ。

前夜19:30に飯能を出発。上信越道 軽井沢〜東部湯の丸辺りを走行中には、もう降雪そして積雪。

除雪車の後を低速走行しながら 「今日、3月末だよな〜・・・?」 ちょっと苦笑いです。

 

いつもの様に、深夜23:30過ぎ、常宿の玄関先にはこのメモ書きが置いてあります・・・。

勝手知ったる・・・で、指定された部屋に入り・・・

 

 

一風呂浴びた後は、これもまた毎度の・・・部屋飲みです!

 

 

 

今回の同行メンバーは、こちらもまた毎度のスキー馬鹿な仲間達!(笑)

同級生マツ&パティシエ鈴木先輩・・・

 

 

そして、この恒例志賀高原スキーには初参戦のお坊さん(?)、じゃなかった!(笑)

“有給休暇は有効に使いましょう!” を唱える、シラスくんです!

 

 

ひとしきり飲んで、25:30過ぎ就寝です。

翌朝、窓から見える風景は・・・まさしく “トップシーズン” の光景です。(苦笑)

 

 

太陽燦々の春スキーを夢見て来ましたが、まあ今シーズンの私の願いは叶うはずもなく・・・。

朝食は、しっかり摂りませんとね!

 

 

フロントに御挨拶をしながら、今日のリフト運行状況を確認してもらいました。

奥志賀・焼額山のゴンドラも強風による運休状態。熊の湯・横手山方面のリフトも天候回復待ち。

まったく今シーズンは・・・。(泣)

でもこの時期に、このパウダースノーを味わえるとは! ポジティブに考えましょう!(苦笑)

東館山山頂も、このとおり降ってます降ってます!

 

 

なので今日は、一の瀬から下りて行き、マツの若き頃のバイト先、サンバレーへ行く事に!

広大な志賀高原にあるいくつものスキー場を、滑りながら廻れるのも志賀高原の良いところですね!

 

 

そしてサンバレーまで下りて来た目的は、こちらでのランチでした!?

 

 

サンバレーにあるゲㇾ食で、味自慢の美味しい店 『志賀高原の家グリーン』。おススメです!

天気が悪けりゃ、こうなることも想定内です!(笑)

 

 

 

 

私はこちら!? “手作りカニクリームコロッケ定食” です! 美味しかった〜!!

 

 

ゆっくりと(苦笑)ランチタイムを取りまして、さあ〜午後も滑りますよ!

またいくつものスキー場を滑りながら、一の瀬に戻らなくてはいけません・・・。

その途中、ほろ酔いスキーヤーマツが、まるで冬眠から覚めた熊の様な光景に!?

 

 

コースサイドの新雪にハマり・・・(爆笑)

脱出するのに本人はとても大変だったそうですが、少し下まで下りて来てしまった3人は、

笑い転げておりました! マツ、すまない!(大爆笑)

 

その時その時で気持ち良さそうなゲレンデを滑りながら、15:00頃 一の瀬に戻って来ました。

 

 

天候は相変わらずの真冬並み! でもコレはコレで、この時期の新雪滑走なんて嬉しい嬉しい!

16:00になりますので、宿に帰りましょう。

帰りのコースを確認するシラスくんの姿が、なんだかアスリートに見えて来た!(苦笑)

 

 

ハ〜イ! 戻って参りましたよ! お疲れ様でした!

宿で、お風呂に入らせて頂けるので、先にスキー板を車に積み込んで・・・

 

 

するとそこへ・・・「あの〜長野県警の者ですが・・・」 黒い服の2人が。

「はい何ですか??」  俺達、何か悪いことしたか??? 

「これから宿の風呂へ入って帰りますけど・・・!?」

 

「これから、皇太子様がここをお通りになりますので、それではホテルの方へお入り頂けますか!」

そうなんです! 皇太子様一家が、この先の奥志賀高原スキー場へ静養に来られるのです。

それならホテルから観ようぜ! もう何度も志賀高原に来ておりますが、初めての体験でした。

 

 

10分後、何台ものパトカーの先導、そしてお付きの方々の車が何台も通り過ぎ、コレです!

画像中央左の白のワンボックス車!

わざわざ窓を開けて手を振ってくれていらしたのは、愛子様でした!

中には、皇太子様・雅子様もいらしたのでしょう!? こうやって来られるんですね!?

 

 

宿でお風呂に入らせて頂き、すっかり温まって、17:00過ぎにホテルを出発しました。

雪の志賀高原を降りてきて中野市内に戻る途中には、夕日が顔を見せてくれて沈んでいきました。

毎年毎年、強行スケジュールでお世話になり、短い時間ですが良い時間を過ごさせてくれる常宿さん、

本当にありがとうございました!(礼)

 

那須では、雪崩により犠牲者が出てしまった昨日、本当に真冬の天候に逆戻りの一日でしたが、

我々は、楽しい一日を過ごさせて頂いたことに感謝です!

同行してくれた仲間の皆様、お疲れ様でした! 皆様、お身体は大丈夫でしょうか?(笑)

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM